レコード、カセット、CD・・・録音媒体の遍歴

録音機械の歴史

どんな録音媒体があるのか

昔は、どのような録音媒体を使っていたのでしょうか。 最初に登場する媒体を、リアルで見たことがある人は少ないと思います。 教科書や歴史の本に載っているぐらいなので、かなり歴史が古いことがわかりますね。 またその後にどのような媒体が登場するのかも確認しましょう。

最初の録音機械

現在でも、録音する機会はたくさん訪れます。
実際に録音した経験を持っている人も多いでしょう。
その時は、パソコンやスマートフォンを使っている人がほとんどだと思います。
スマートフォンだけでは、あまり音質が良くありませんがアプリを使えば音質を向上することができます。
パソコンで使える、録音する時に便利なソフトもあります。
今は誰でも気軽に録音ができるようになりましたが、少し前はそうではありませんでした。

スマートフォンやパソコンが普及したのは、最近です。
それまでは、別の機械を使って録音していました。
今のように気軽に録音することができなかったので、不便だと言われています。
急激に録音技術が進化していったので、今の若い年代の人は昔の録音媒体を見たことがないかもしれませんね。
昔の人は、どのようにして録音していたのか知ると大変勉強になります。
現代と似たような部分もありますし、全く異なる部分もあります。

また機械だけでなく、いつから録音することが一般的になったのかも把握しておきましょう。
昔の録音媒体は使いにくかったので、改良された部分もあります。
そこを把握すれば、これからスマートフォンやパソコンで録音する時に綺麗にするコツがわかるでしょう。
これからの自分に役立つ知識が豊富なので、録音する機械の歴史を学んでみましょう。
実際に機械を見ることも大事です。
本やインターネットで写真を見れますが、実際に見て触れることでわかることもあります。

小さくなる録音媒体

レコードが出現して、世の中のみんなが自由に好きな音楽を録音できるようになりました。 ですがレコードにも、デメリットがいくつか存在しています。 音質があまり良くないということも挙げられますが、最も大きなデメリットは大きいということではないでしょうか。

新しい録音媒体とは

CDが登場して、もう録音媒体の歴史は終わりだと思っている人が多いでしょう。 ですが、まだまだ進化しています。 CDよりも小型で、使いやすい録音媒体がいくつも登場しているので調べてみましょう。 これまでは使ったことがない人も、簡単に使えるのでおすすめです。