録音機械の歴史

新しい録音媒体とは

MDの魅力

CDよりも小型な録音媒体が、MDです。
手のひらに収まるサイズなので、持ち運びが非常に便利でした。
ですが、録音する時は専用の機械が必要だったと言われます。
これまでにCDを録音する時に使っていた機械は使えませんし、音楽を再生する時もMD専用の機械が必須です。

ですがMDそのものがコンパクトなので、当然再生する機械も小型でした。
CDを再生する機械は大きいので、時代が進むとともに持ち運びが不便だという悩みがどんどん解消されていきました。
これからも、録音媒体の小型化が進むと思います。
音楽は誰にとっても身近な存在なので、もっと気軽に聞けるようになってほしいですね。
そのために、今も便利な録音媒体の開発が進められています。

USBメモリのメリット

最新の録音媒体は、USBメモリだと言われます。
主に、パソコンを使って音楽を録音します。
CDからパソコンに音楽を取り込むことができますし、インターネットで提供されている音楽を入れることもできます。
音質が良いですし、これまでのCDやMDに比べてサイズがとてもコンパクトになっている部分が魅力です。

USBメモリには、いろんな容量があります。
たくさん音楽を録音したい人は、容量の大きいUSBメモリが必要です。
ですが、そこまで音楽を聴かない人は最も小さいUSBメモリでも良いでしょう。
その人の目的に合わせて選択できる部分が嬉しいですね。
またUSBメモリは、デザイン性が良いというメリットがあります。
CDやMDにはなかったメリットになりますね。


この記事をシェアする