ビジネスの場で役に立つ国際資格について

スキルアップに役立つ国際資格の種類

海外で働くならば必須の資格

国際秘書検定とは何?

CBSと言う略称で呼ばれています。
国際秘書検定は、職種で秘書業務をしている人にはスキルアップをしたいと考えている場合には欠かせない資格でもあります。
英語と日本語の両言語を正しく扱う事が出来て、かつグローバルに仕事が遂行出来る人材の育成を目標としています。
試験内容も2つに分かれておりファイナル試験に合格しないと正式な国際秘書検定の資格とはならずに準国際秘書検定資格とみなされます。

ですが、試験を再度受けてファイナル試験に合格すると正式な資格として活用する事が出来るようです。
なお、ファイナル試験の中には面接も含まれており2日に渡って試験が開催されるようになっています。
難易度はファイナル試験が最も高くかなりの英語能力がないと難しいと言われています。

必要とされる職種について

外資系企業や国際的な機関で働く場合にはあると有利なのが国際秘書検定の資格です。
最近では上司が外国人の場合も多いのでコミュニケーションを取るには英語が出来ないと仕事になりません。
日本の習慣や文化の違いもあるので海外とのやりとりが出来る通訳能力があれば上司との関係も上手くいきます。
この資格があると役に立つ職種は、航空会社やホテル業界や海外との関わりを持つ企業や国際的な機関です。

航空会社では特に国際線のCAはこの資格を取得する確率がとても高いそうです。
スキルアップする為だけではなく海外のお客様とのコミュニケーションを取る為にはとても役に立ちます。
語学的な能力だけではなく、法律知識もある程度必要となるので取得すると一定の能力を示す証明書代わりになります。