ビジネスの場で役に立つ国際資格について

スキルアップに役立つ国際資格の種類

外資系企業でのスキルアップを狙うなら

米国税理士について

アメリカの内国歳入庁が行っている国際資格の一つであります。
アメリカ人は国内外に住んでいてもアメリカに税務申告をしないと法律で決まっているそうです。
その為、米国税理士は世界中で活躍出来る職種の一つでもあります。

税理士の資格をすでに取得していてもっと活躍の場を広げたいと考えた場合に、この米国税理士の資格を取得しておくとアメリカで税理士として働ける可能性も広がります。
それに海外との取引のある企業との契約を結んでアメリカ系の企業の税務関係の仕事を引き受けられます。
米国税理士は国際的に活躍の可能性を広げられる資格であると同時に、日本国内でも税務関係での分野においてスキルアップする為には取得して置くと便利な資格だと思います。

活躍出来る分野について

スキルアップをするにはその資格が最も活かせる企業に就職するか転職するしかないと思います。
では、米国税理士の資格を発揮出来る分野はどんな企業なのでしょうか?
それは、前の記事でも紹介したと思いますが、海外への進出を行っている企業が主だと思いますが、最近では逆に日本に進出してくるアメリカ系の企業も増えています。

その為、税務関係の相談や処理を頼むのが米国税理士です。
アメリカに対する税務の手続きを一気に行う事が出来るのでスキルアップだけではなく転職や就職の際にもとても有利になります。
国際的に活躍したいと考えているのであれば、取得していても良い国際資格の一つではないかと思います。
また、この資格は18歳以上であれば誰でも受験可能な資格になっています。