ビジネスの場で役に立つ国際資格について

スキルアップに役立つ国際資格の種類

経営学修士の資格について

外資系のコンサルティング会社の場合

外資系の企業で働いている人の中でも米国公認会計士の資格取得をしている人が最近では多くなってきたそうです。
やはりグローバルな社会になりつつある背景も大きく関係しており、海外企業とのやり取りもスムーズです。
大手の監査法人の場合にはこの資格を取得していないと採用されない場合もあります。

外資系のコンサルティング会社だと海外勤務を希望する際に国際資格がいくつか取得していないと希望すら通らない所もあります。
ですが、取得していると良いアピールにも繋がりより良い仕事が出来るのにとても役に立つ国際資格でもあるようです。
男女共に海外での活躍したいと考えているのであれば取得しておいても損はない国際資格だと思いますし、どんな職種でも役に立つと思います。

取得するメリットについて

米国公認会計士の資格取得のメリットは何かというと、やはり英語力が自分にはあると言う証明になりますし、会計士と言う仕事で日本だけではアメリカでも活躍出来ると言う事にあると思います。
米国公認会計士は各州ごとで登録されているそうです。
アメリカでこの資格を取得した場合には取得した州の会計業務の仕事を行う事が出来ます。

日本でもこの国際資格の取得は出来るそうで、将来的に海外で働きたいと考えている人がスキルアップする為に取得する資格の一つになっています。
国際的な会計の分野での活躍を考えている場合でも取得しておくと便利な資格だと思いますし、まずは日本での実務経験を積む事でその専門性が高まり海外に活躍の場を広げた際にも大いに役に立つと思います。